Created with 「SWELL」

【月3万円】クラウドワークスでライター副業を始めてみよう!

Writer side business


自宅のパソコンを使い「クラウドソーシング」で、スキマ時間に2〜5万円くらい稼げたらな…という方多いと思います。でも、何から始めていいのかわからない。詐欺に合うかも!周りで副業している人がいないから相談もできない…など悩ましいですよね。

私は以前、Wワーク(副業)をしていたのですが、在宅勤務ではなかったので、通勤やシフト調整で、時間も労力も費やしてしまい、効率が悪かったです。

そこで!今回、実際にクラウドワークスへ登録して「ライター副業」に初挑戦!
月3万円!を目標に掲げ、運用レポートを公開していきます。

初心者&素人が試し試しやっていくものですので、どんなレポになるのか!?一抹の不安もありますが、プロフィールの作り方や案件の選び方、今後は実際の応募、納品、スカウト、時間配分や収支!など、ノウハウというよりは実際の体験記として、お伝えしていきたいと思っていますので、これから始めてみようかな?という方は、参考にしてみてください。

出先での記事作成にも大活躍のchromebook

この記事でわかること

✓何から始めたらよい?
✓怪しい案件を見分けるヒント
✓初心者の単価ってどれくらい?
✓受注する際に気をつけたこと
✓おすすめのクラウドサービス4選
クラウドワークス
ランサーズ
Bizseek
クラウドテック

目次

クラウドワークス登録!初めにプロフィール作成

まず初めに、プロフィールの作成からスタート。

私はブログの過去記事サンプルのURLの添付と、ブログのテーマを簡単に紹介しました。
他には、ポイントとして以下の記載。

・平日 〇時間/1日
・土日祝は平均 〇時間/1日

・平日●時以降と土日祝日は終日、メール対応可能です!

稼働できる時間日中に連絡可能時間の記載があるとより、希望に近いスカウトが来るかも?

・エクセル、ワード、 Google ドキュメント、スプレッドシートなど…
・Zoomでの連絡可

使えるソフトやアプリ、連絡手段を書いておくとより親切ですね。

あと、持っている資格などがあれば明記していくことで、より専門分野の記事の依頼が受けられるようです。

プロフィール用のテンプレートもあるから、それを元に作ったら簡単でしたよ

次に振込先口座の設定。楽天銀行が手数料が安いようなので、ある方はそちらで登録することをお勧めします。

最後に本人確認書提出により、本人であることを証明する書類(運転免許証)をクラウドワークス側へ提出します。(すべてオンラインで完結できます)本人確認をしておくことで、発注者側の信用度UPになりますね。

個人情報なので、抵抗がある方はご自身の判断次第で良いと思います

怪しい案件で後悔しないための5つのポイント

怪しい案件見つけるにはまずいくつかポイントがあります。私が特に注意していたポイントは5つです。

初心者でも短時間で簡単に稼げます!をタイトルにしている

ライターの仕事以外でも共通して言えますが、簡単に楽してお金は手に入りません。とくにブロガーさんなら、尚更、感じる違和感だと思います。

簡単に?今、簡単と言いましたか?
記事を書く産みの苦しみを経験したことのないブロガーはいません。


更に初心者なのに高額な報酬を提示しているところもスルーです。
例えば…文字単価3円以上〜とか、1ヶ月スキマ時間で10万円も!とか。

ライティングのスキルアップを謳っている

たくさんの記事を書くとスキルアップはすると思います。さらに受注後にはクライアントさんから「ライティングマニュアル」を貰えるので、お金を出して本を購入などもせず、実践で訓練できます。

でも、クラウドワークスに登録した目的は、月に2〜3万のお金を稼ぐこと!でしたよね。
初心者ですから、このような心構えでいる姿勢は大切だと思います。けれど、総じてそのような優しい内容の仕事は文字単価0.1円〜スタートなど低単価の案件が多いです。

更に、受注契約時、「慣れてきたら単価UP」と記載があるけど具体的に明記されてと、いつまでも単価が上がらず、単価交渉をしてみたものの、契約解約ということも…

単価0.1円というと、5000文字書いて500円です。更に20%の手数料がかかりますので、1時間で記事を作れる人でも実質400円の仕事。
初心者のわたしは、与えられたタイトルや情報を調べながら、誤字脱字にも気をつけ、納品できる記事を1時間で作るのは無理です💦

実績作りもしたかったので少し悩みましたが、自分の得意分野で作りたかったため避けました。

タイトルや仕事内容の情報が少ないか、あいまい。

どんな記事をライティングするのか、単価や納品頻度などの明記がない案件もあります。
逆にたくさんのテーマが紹介文に記載されているところも。

どちらも、実際契約してみないと何に特化したライターを求めているのかわからないので、初心者は避けたほうが無難かもです。契約してみないと仕事内容の他、納品頻度や期限、報酬がわからないものは避けました。

※契約前にLINEのID等の個人情報を聞き出そうとするクライアントは論外です(そもそも規約違反)

ブランドサイトやコーポレートサイトがない

実名で記事を書いているわけではなけれど、自分が提供した記事がどのようなサイトで使われるのか知っておきたいですよね。そのため、契約前にしっかりと発信元の確認できるクライアントを選びました。

ライター募集しているが、実在しているサイトすらなく、単純に情報商材を売る目的のクライアントもいるようです。

初心者ライター

怪しいな‥と少しでも感じたら、応募しないでおこう

評価・募集実績なしや名前がアルファベット羅列、会社概要がない

「評価」や「募集実績」「プロジェクト完結率」などがあるクライアントを選びました。
取引実績や評価が多いクライアントはレスポンスも早く、仕事中の疑問や訂正などがあった場合もスムーズです。

また「認定クライアント」と呼ばれる、クラウドワークス事務局が認定した、信頼性の高いクライアントさんなら、なお安心だと思います。

少し注意が必要なのは…アルファベットの羅列のクライアント名、会社概要の記載されていないクライアントです。個人で委託をされる方もいるので、すべてが怪しい…わけではないですが、まだ始めたばかりなので、何か仕事上で誤解やミスが起きてしまった際、思わぬトラブルになる可能性もあるため、避けた方が無難かもしれませんね。

初めて受注できた単価(1文字単価)は0.5円~

登録後、ゼロ実績でしたが、プロフィールや応募の際の紹介文で自己PRをして、登録から10日前後で初仕事を受けることが出来ました。
現在は執筆中のため、収支はでていませんがまずは契約成立!
では実際、セロ実績初心者のライター報酬の相場ってどんな感じなのでしょう?

ライター初心者の相場ってどれくらいなのかな…

結論

ブログ実績がある方なら0.5円~1.0円未満/1文字が妥当

0.1円~スタートのライター案件は正直沢山ありますが、自身の得意分野をしっかりと応募の際のPRやプロフィールに記載することで1.0円未満の単価なら、妥当かなというイメージです。

実は登録後まもなく1件、スカウト(クライアント側から仕事の依頼が来ること)があり、1,800円+税/1時間~というものでした。広いジャンルの記事執筆の依頼で、得意分野?とまではいかない案件でしたが、早速応募してみたものの、あえなく撃沈。

さらに、キャリアカウンセラー関連で単価1.5円~3.0円の案件に応募も、ライター歴が浅く不採用。

実績やスキルも大事なんだな…

おすすめクラウドサービスの4選

初めての在宅ワークでおすすめのクラウドサービスをご紹介します。私のような初心者の方が利用しやすいサービスや、フリーランスとして独立を考えている方など、参考にしてみてください

Job training

業界知名度No1 クラウドワークス

✔業界でトップの案件数とワーカー登録者数を持っているサイトなので、初心者の方はクラウドワークスは外せないですね

運営会社  株式会社クラウドワークス

仕事の種類 :ライター / コーダー / デザイナー / 動画編集者 / など
仕事の形式 :タスク形式 / コンペ形式 / プロジェクト形式
料金 :無料
システム手数料 :5%〜20%
報酬の支払い 額:1,000円以上~
魅力 :業界最多の案件数あり!仮払い制度で安心

\ 在宅ワーク初めての方は登録必須/

トータルサポートが安心 ランサーズ

クラウドワークスと並ぶ2大クラウドソーシングサイトです。初心者向け案件が多く、受注率も高いです。クラウドワークスにはない、ワーカー向けのきめ細かいサービスを受けられるのも魅力の一つです。

運営会社  ランサーズ株式会社

仕事の種類: ライター / デザイナー / コーダー / 動画編集者 / マーケターなど
仕事の形式: タスク形式 / コンペ形式 / プロジェクト形式
料金: 無料
システム手数料 5%〜20%
報酬の支払い額: 1,000円以上~
魅力:フリーランストータルサポートや、依頼アドバイス機能(単価の低すぎる案件など違法性のありそうなクライアントを通報することができる)

\ サポートが充実!/

ワーカー手数料業界最安級 ビズシーク

ランサーズやクラウドワークスなど大手サイトで仕事が見つけられない、応募してもなかなか仕事を受注できない方におすすめ。一番の売りは手数料が安いというところです。軽作業など比較的初心者の受けやすい仕事もあり、主婦、フリーターなど、比較的時間が短かったり、ノルマなしの案件が多数あります!
初めてなので「本業との両立に不安」と思われる方には覗いてみてください。

運営会社  株式会社アイランド

仕事の内容: ライター / デザイナー / コーダーなど
仕事の形式: コンペ形式 / プロジェクト形式
料金: 無料
システム手数料 :10万円超えで5%、10万円以下で10%の最安値
報酬の支払い: 3,000円以上~
魅力:初めての方にもわかりやすいプラットフォーム、ワーカー手数料業界最安級

\ 手数料が最安値級です /

執筆やブログ経験がある方なら!フリーランスも夢じゃない クラウドテック

お小遣い稼ぎや副業ではなく、独立して本業にする!という方はこちら。
20代後半〜40代のフリーランスで働くライターもちろん、エンジニアやデザイナーなど活躍されてます。
「週3日/高単価の案件」「リモート対応ができる案件」「LAMPの開発環境」「通勤時間30分以内」など働く方のスタイルに合わせた案件選びが出来るのが特徴。また、ケガや病気で、収入が途絶えてしまうリスクもサポート。
病気やケガ(精神疾患を含む)で業務に従事できない状態が90日を超えて継続した場合、 最長10年間、毎月5万円が支給されるので、フリーランスとしての保証も嬉しいですね。

運営会社  株式会社クラウドワークス
仕事の種類:エンジニア/Web デザイナー/ライター/ディレクター/プロデューサー
料金:無料
魅力:専任のキャリアサポーター支援がつく、月額払いで収入も安定。また非公開求人多数!
★実績、経験のある方で独立を考えている方ならマストです。

\ 副業から本業へ検討の方はこちら /

ライター副業はこれからも注目の在宅ワーク

クラウドサービスを使った在宅副業は気軽に始められる反面、何もわからず始めると、詐欺案件に引っかかってしまったり、意図せず、低評価になってしまう事もありますので、しっかりとクライアントを見極め、納得して始めることが大切です。

まずは登録することからスタートしてみて、実際の画面で操作してみるのが一番わかりやすいと思います。
今後、SNSの運用や企業のオンライン化も進み、クラウドサービスの需要はますます加速していくでしょう。

また、ワークライフバランスに配慮した働き方、ブラック企業からの決別!などなど、目的や目標は人それぞれ。
自分自身が働き方を選択し、より良い生活を送るための手段として活用されてはいかがでしょうか。

本業プラスもう一つ「特技を仕事にする」ことで、より豊かな日々を送るためのターニングポイントになるかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる